美保関で見つけた花

先日、美保関散策の時見つけたお花です。

さすが恵比寿様の神社、タイツリ草、お見事でした。と書いたら

タイツリ草とちがうそうです。ごめんなさい。ウキツリボクというそうです。

山小屋さんに教えてもらいました。

f0153475_975774.jpg


マリーゴールド

f0153475_9102026.jpg


水引草

f0153475_9105215.jpg


ツワブキが日陰では蕾、日向でこんなに咲いていました

f0153475_9272653.jpg


f0153475_9113420.jpg


蒲公英

f0153475_9123188.jpg


吹いてごらんというように蒲公英の綿毛

f0153475_913361.jpg


アザミの花

f0153475_914934.jpg


最後に我が家のエンゼルトランペットをもう一度

f0153475_921428.jpg


f0153475_922327.jpg


はなみずきの蕾

f0153475_9224248.jpg


葉っぱが少し紅葉し始めました。
by mamarinn30 | 2008-10-29 09:31 | Comments(18)

美保関散策

妹が甥っ子、姪っ子親子と遊びに来ました。

何度も来てるのに未だ行ったことがないという、美保関神社へ行くことになりました。

松江から約1時間、少しずつ色づき始めた山と、中海のあいだの道路を、ハンドル捌きも

鮮やかな甥っ子の運転で・・・・・・・

まず美保神社へお参りに、

恵比寿様を祭る美保神社は全国にある恵比寿神社3385社の総本社として

水産、海産に携わる人々から敬い親しまれている神社です。

f0153475_1121035.jpg


f0153475_112462.jpg


お参りを済ませ、青石畳通りを抜けて仏国寺という寺へ。

昔懐かしい、水瓶がありました。

f0153475_11213527.jpg


f0153475_1172129.jpg


この寺には八百屋お七の恋人小姓の吉三のお墓があります。

f0153475_1151811.jpg


美保関公園へ行くロープウエーは廃止されていて、急勾配の坂道を登らなければ

ならず、幼い子供2人を連れては無理と判断、諦めました。

その前に私の膝が無理無理と囁いていましたが・・・・・・

隣り合った家の路地を抜けると目の前はもう海岸です。

f0153475_1161976.jpg


散策を終えて美保関灯台へ。

f0153475_1110287.jpg


f0153475_1183354.jpg


見下ろす海は岩に波が打ち寄せていました。

f0153475_1194035.jpg


ここでお弁当を食べて、遠くにぼんやり隠岐島を眺めてミニミニ遠足(?)は

終わりました。

隠岐へ行く高速船レインボーが水面を滑るように走っていました。

f0153475_11234032.jpg


おまけ

子供のころ、こんな遊びしませんでしたか。

オオバコ(ちがってたら教えてください)で茎と茎と絡ませて草相撲

しませんでしたか。

f0153475_1222183.jpg


懐かしくて何回もやりました、結果は私の8連勝、バンザーーーイ。(*^_^*)
by mamarinn30 | 2008-10-27 11:27 | Comments(16)

庭でみっけ

さわやかな秋空が続いています。

コーヒータイムを終えて庭を一巡りしてたら実のなってる木をこんなに

見つけました。

秋の深まりと共に随分色づいているものもあり、これから色づくもの

紹介しますね。

クロガネモチ。(今年は思いのほかたくさん実をつけました)

f0153475_15105075.jpg


南天。

f0153475_1511650.jpg


万両。(まもなく赤、白と色づくと思います)

f0153475_15113522.jpg


百両(やぶこうじとも言います、庭のあちこちに飛んでいます。)

f0153475_15115374.jpg


千両。(初めて実をつけました)

f0153475_15121979.jpg


柿のみ。(今年は裏年で少ないところを殆どからすにやられました。)

f0153475_1512392.jpg


金柑(全部で10個ぐらい、来年のお正月には間に合わないです・・・クスン)

f0153475_1513287.jpg


唯一残ってたみかん。(孫誕生の記念樹で初なりです)

林檎のように落ちないで無事色づいて欲しいものです。

f0153475_15133349.jpg

by mamarinn30 | 2008-10-21 15:22 | Comments(18)

松江の祭り

松江には鼕行列という壮大なお祭りがあります。

f0153475_17462991.jpg


この祭りの起こりは1734年、松江5代藩主宣維の奥方の

輿入れの時に大太鼓を叩いて祝ったのが始まりです。

f0153475_1747496.jpg


直径2Mの大太鼓を2台の鼕宮に乗せてたたきながら市内を

練り歩いたのが今につながっています。

f0153475_1747347.jpg


今まで11月3日でしたが、そのころになると寒くなるのと雨の心配もあって

一昨年くらいから10月末になりました。

各町内趣向を凝らして飾りつけた太鼓を打ち鳴らしながら練り歩くのです。

今年は何町内だったかなあ?

f0153475_17482137.jpg


小さな子供の子供みこしも仲間に入っていましたし、七福神もいましたよ。

f0153475_1749425.jpg


f0153475_1749393.jpg


大の男の人が汗びっしょりで太鼓を叩き、笛を吹く人、鐘を叩く人、

f0153475_1750268.jpg


f0153475_1855163.jpg


f0153475_186488.jpg


f0153475_1862797.jpg


お祭り独特のお囃子に心弾む思いでした。

太鼓の音がお腹にどーーんどーーんと響きました。

外国の人も参加して楽しそうにバチで太鼓を叩いていました。

日本の心わかってくれたら嬉しいですね。

f0153475_18455435.jpg


帰り道、堀川を遊覧船がのんびりと・・・・・

f0153475_17524577.jpg


最後に遠景で

f0153475_17532621.jpg

by mamarinn30 | 2008-10-19 18:46 | Comments(12)

ハハハ、またまたお助けマンの力を借りることになりました。

ねた切れ、何時もの絵手紙に登場してもらいます。

その絵手紙も何時もどおり下手でいいを忠実に守っています。

柿はカラスにつつかれ殆ど落ちてしまいました。

キャベツ柔らかくて美味しそう。シャキシャキと音聞こえまますか

f0153475_1144397.jpg


南瓜は私日本のお母さんと言うようにどっしりと構えていましたよ。

そら豆が今夜はpaparinnのビールのつまみになるらしいよ。

おー寒い寒いと思っていた冷凍庫から引っ張り出されたら

急に熱湯風呂に・・・・・心臓麻痺起こしちゃうよ・・・・ね。

f0153475_1145984.jpg

by mamarinn30 | 2008-10-17 11:27 | Comments(14)

ふむふむ・・なるほど

先日故郷の施設にお世話になっている母を訪ねました。

94歳です、認知症もなくわたし達の訪問を喜んでくれました。

枕元に何か貼ってあります。

なーーに?と覗くとごもっともの言葉が書かれています。

そーだよね、この通りだよねと納得。

f0153475_12323672.jpg


学ぶことの多い、1枚の張り紙でした。

肝に銘じて・・・・・・。守られるかなあ・・・・・。
by mamarinn30 | 2008-10-15 12:38 | Comments(17)

加茂岩倉遺跡

十年一昔と言いますが、それ以前のお話干支で言う一回り12年前のお話です。

今から12年前に島根県東部の山の中、加茂という場所から銅鐸が1度に39個も

出土しました。

f0153475_14262048.jpg


当時それはそれはびっくり仰天の出来事でした。

大勢の人が出たり入ったり、その内皆さんの熱が冷めてから行こうと思いつつ、

いつの間にか頭から消えていました。

ところが、最近になって国の重要文化財の指定を受けました。

私たちは、はずかしながら、まだ行ったことがありませんでした。

今日、余りの行楽日和にふと思いついて行って見ました。

銅鐸が出た場所までは写真のような木段を上がらなくてはいけません。

f0153475_14265311.jpg


ヨッシャーーーと渇を入れて杖を頼りに1段2段時間をかけて上がりました。

あがりきったところには、銅鐸の出土状態が再現してありました。

f0153475_14272631.jpg


木道や木段を歩いていくと展示館が・・・・・・

途中でmamarinn思わずばんざーーーい。

f0153475_1826326.jpg


f0153475_1428742.jpg


f0153475_14282468.jpg


展示館側から上ってきた道を振り返って

f0153475_14315429.jpg


展示館で銅鐸の写真やレプリカを

f0153475_1433386.jpg


f0153475_14333479.jpg


行くときは気にならなかった道に覆い茂った笹、横にはイノシシ注意の看板が・・・・

f0153475_14295663.jpg


可愛い紫色の釣鐘草?の様な花が、そしてヤマウドの花も。

f0153475_14302514.jpg


f0153475_14303727.jpg


山道脇には清水がちょろちょろ。

f0153475_14343265.jpg


往復2キロを歩いた足は久し振りに運動をしました(足さんご苦労さん)。

手術後4年も経ってるのに膝ががくがくしました。
by mamarinn30 | 2008-10-13 14:58 | Comments(12)

築地松

今日はpaparinnの仕事調査へ便乗して特派員をしてきました

松江から西へ車でこ1時間走ると斐川平野に、家の北側に立派な大木に

囲まれた家があちらこちらに見えてきます(築地松と呼ばれています)。

f0153475_1781888.jpg


寒い冬の、北風、西風から家屋を守るために 主に黒松が植えられています。

樹齢数百年は超えるで有ろうこの木の手入れは大変だそうです。

普通の庭木の剪定と違い陰手刈り(のうてごり)という独特の刈りかただそうです。

今ではその技術の保有者も少なく、手入れに莫大なお金もかかり、だんだん

職人さんも少なくなり築地松も減ってきています。

綺麗に刈り込みが終わり手入れの行き届いた築地松がありましたので

写真に撮ってきました。

f0153475_1772296.jpg


f0153475_1773971.jpg

by mamarinn30 | 2008-10-12 17:22 | Comments(8)

ゴズ(ハゼ)釣り

この時期、ここ松江の宍道湖畔では、ゴズ釣りが盛んに行われます。

ハゼのことを当地方ではゴズと呼びます。

今日も一杯の人が並んでつりを楽しんでいました。

その様子を皆さんにお知らせしようと道路わきに車を止め、カメラを持って・・・・・

土手から1枚シャッターを切って、ふと近くの信号に目をやるとパトカーが、

見えるでは有りませんか。

慌てて土手を駆け下りて運転席に着地、フーーーーーやばいやばい

危なかったよ、駐車違反で切符切られるところだったわ。

セーフということで貴重な1枚になりました。

f0153475_11551653.jpg


この時期結構釣れて私たちも以前にバケツいっぱい釣ったことも・・・・・

から揚げにすると美味しいですよ。

小出刃を使って3枚に下ろして淡白な白身のお刺身は美味でした。

このハゼ、干した物ををこぶに巻いて煮ておせち料理にも使われるのですよ。

子供と釣ったころを思い出してまた行ってみようかなあ。
by mamarinn30 | 2008-10-09 11:53 | Comments(18)

松江城山大茶会

今年で25回目です。

松江城城山で恒例になった松江大茶会が4日、5日と2日間催されました。

f0153475_6431164.jpg


抹茶六流派、煎茶四流派のあわせて十流派がが松江市民、観光客をもてなします。

f0153475_6434352.jpg


前売り券だけでなく当日券でいただけるのが良いですね。

観光のついでにぶらりと立ち寄れる、思い出にいかがですか?と和服姿の人が

声をかけます。

f0153475_6441711.jpg


Gパンでも作法を知らなくても良いのです。

外国の人にとってほろ苦い抹茶のお味はいかがでしたでしょうか。

f0153475_645769.jpg


f0153475_6455186.jpg


各テントの入り口には季節の花が飾られ、お師匠さんがお弟子さんが

お客様を招き入れます。

f0153475_6484596.jpg


f0153475_6462822.jpg


中ではお手前の披露が、そして立て出しが・・・・・・

f0153475_6471774.jpg


f0153475_6474222.jpg


日ごろミニスカートにブーツの若い女性が着物の裾捌きに四苦八苦の姿、

初々しかったですよ。

お茶会を堪能して、記念に松江城をぱちぱちと・・・・・

f0153475_6501712.jpg


f0153475_6503787.jpg


f0153475_774214.jpg


f0153475_78011.jpg


お堀では亀がたくさん泳いでいました。

f0153475_7112043.jpg

by mamarinn30 | 2008-10-06 07:13 | Comments(16)

気ままに、気ままに。