去年よちよち歩きからはじめたブログ、今年の11月に2年目に入りました。

何時までも拙いブログに温かいコメントをいただき有難うございました。

今年は別荘暮らしなどがあり、健康面が不安定でした。

来年は何事もなく良いとしになってくれたらと思っています。

今日、習ってたお花をやめてからは我流に生けてみました。

f0153475_16101581.jpg


f0153475_16103466.jpg


昔取った何とかやらは何処へ・・・・・mamarinn流です

今年はhさん、kさん、mさんと3人のブロガーさんにお会いしました。

来年はどなたにお会いできますやら、楽しみです。皆様、どうぞよいお年を

お迎えくださいね。

本当に今年1年間有難うございました。
by mamarinn30 | 2008-12-28 17:53 | Comments(15)

びっくり、砂の芸術

カニツアーの帰りに砂丘の砂の美術館へ。

まず作者の皆さんとその作品をパンフから。

f0153475_11185357.jpg


f0153475_11152429.jpg


えっ、これが砂でとまずは驚きでした。

アンコールトム、タージマハル、日本を代表する姫路城、中国の万里の長城。

緻密に緻密に作られていました。

全部で11もの彫刻がありました。1部ですが写真を見てください。

曇天とテントの中、思うように撮れませんでした。

雰囲気だけでも味わってくださいね。

f0153475_11223680.jpg


f0153475_11232065.jpg


f0153475_1124853.jpg


f0153475_11244893.jpg


見学時間の都合で、余りゆっくりも出来ずもう一度ゆっくりといってみたいと思いました。

その美術館のわきにラッキョウの花が楚楚と咲いていました。

ものすごいピンボケ、お許しを。

f0153475_11264476.jpg


f0153475_1127792.jpg


畑一杯の紫の絨毯は11月一杯とのこと、少し遅かったです。

最後に高いところから眺めた砂丘を。

f0153475_11285950.jpg


おまけ

幸せの鐘がありましたのでmamarinnついてきました。

f0153475_1130188.jpg

by mamarinn30 | 2008-12-26 11:41 | Comments(6)

恒例のカニツアー

ご無沙汰しました。

実は右手首が、先天性変形関節炎を起こし必要以外は余り使わないようにとの

ドクターからの言葉を貰ってしまいました。

普段なら、そんなに気にしないのですが、年末を控え大事をとっていました。

ではではカニツアーの様子をお知らしますね。。

当日の出発時間はあいにくの雨・・・・・良いよね観光で歩くわけじゃなく

食べるのせんもんだもの、とひそひそ聞こえる。

f0153475_744776.jpg


バスで約3時間、兵庫県浜坂へ着きました。

さあ、食べ放題、ヨシッと気合が入る。

まず手始めに甘エビの刺身から、焼き蟹、湯で蟹と・・・・・

f0153475_78882.jpg
f0153475_783227.jpg
f0153475_785266.jpg


まわりも団体さんでいっぱいです。

f0153475_794973.jpg


静かです、お喋り聞こえません。

口のみ動いているようです。おかわりのサラをもって人の出入りの多いこと。

やく90分、たらふく食べました。

見てください、この食べっぷり。

f0153475_7174613.jpg


せっかくだからと、大枚をはたいて我が家へ1匹釣れて帰りました。

蟹の値段の違いは私にはわかりません。

f0153475_724226.jpg


f0153475_7163989.jpg


f0153475_717359.jpg


美味しそうなするめ烏賊、干しがれいもゲット。

f0153475_7262947.jpg


f0153475_7265595.jpg


楽しくて美味しいカニツアーでした。

帰り砂丘へ寄りました。

砂の美術館次回載せますね、

そして最後の力を振り絞って僅かに咲いていたラッキョウの花も・・・・・
by mamarinn30 | 2008-12-25 07:49 | Comments(12)

忘年会

あっという間に1年が過ぎてしまいました。

今日は異業種懇親の忘年会です。

私の苦手な焼肉パーテイ、夫婦同伴です。

まずは会長の挨拶、カンパーーーイと続きます。

男性に負けていません、女性も勢いよくカンパーーイです。

f0153475_15454110.jpg


手元のお品書きを眺めながら飲んで食べて話が弾みます。

f0153475_15462618.jpg


おっ、このちじみ美味しいねと箸が進む。

f0153475_155347.jpg


次々出てくるお肉は何処のお腹の中にと見る間に減って行きます。

f0153475_1548573.jpg


f0153475_15481920.jpg


f0153475_1548358.jpg


男性は何をお喋りしてるやら・・・・・

今年も不景気だけどよく頑張ったなんて言ってるかなあ。

f0153475_15493991.jpg


f0153475_15501583.jpg


飲めるお姉さんにまあまあお一つとお酌する手、

f0153475_15535927.jpg


うどん味噌鍋、雑炊と別腹、別腹へと納まっていく、こわいなあ・・・・

f0153475_15552370.jpg


f0153475_15554029.jpg


食べた、食べた、食べました、飲みました。

f0153475_1556318.jpg


mamarinnは明日の検査のため、チョコッとだけ箸をつけ殆ど眺めるのみ。

皆さんの食べっぷりのよさにただただ驚いたのでした。

だんだん。
by mamarinn30 | 2008-12-18 18:52 | Comments(16)

母を訪ねて30里

フランダースの犬のマルコ少年は母を訪ねて3000里でしたが私は30里でした。

お正月までに施設に入っている母を訪ねようと、師走とは思えぬ小春日和の今日

paparinnに車を走らせて貰いました。

高速だと1時間ちょっとの距離が一般道が殆どの当地方2.5時間かかります。

ゆっくりのんびり9号線を東へいくと日本海が開けてきます。

この時期とは思えぬ穏やかな日本海でサーファーが波を待っています。

f0153475_16235153.jpg


f0153475_16194141.jpg


あっ、来たきた、でもちっちゃいなあ。

f0153475_16204946.jpg


親子?夫婦?かっこいいなあ、

f0153475_16261134.jpg


そうこうして走ってるうちに、母のところへ。

私達を見つけると、満面笑顔で手招きをしています。

つい2日前に生まれたひ孫の写真を見せると、何時会えるかなといいます。

この孫、地球の裏側に住んでいて私達も簡単には会えません。

1時間ほど滞在、また来るねというと、いつ?いつ?私とpaparinnの手をギューと握る。

やせて30キロあるかないかの体の何処にこんな力があるのかと思うほどの力。

名残りを惜しみ目に涙をためてる母の手を解きすばやく車に乗ってしまう。

さあ、今度は実家へ行って父の仏壇に参ることに・・・・・・

そのあと、車は西へ西へと家路へ

9号線の道の駅、白兎で休憩、シクラメンの花にほっ。

f0153475_16225854.jpg


さあ、もう一踏ん張り、車からは演歌が心地よく耳に聞こえます。

最後の休憩で野菜を仕入れました。

そこにはお正月用に葉牡丹の寄せ植えが有りました。

f0153475_16291397.jpg


隣ではスミレの花が私も写してと自己主張してました。

f0153475_16305632.jpg


f0153475_16311655.jpg


何時も、行きはよいよい、帰りは淋しい母訪問でした。

paparinn、いつも何時も優しさを有難う・・・・・(*^_^*)
by mamarinn30 | 2008-12-14 18:25 | Comments(18)

懐かしいセーター

押入れの中から1枚のセーターが出てきました。

随分昔に東京のデパートで買ったものでした。

凄く気にいって何時も着ていました。

あるときこのセーターを着て痴呆病棟を訪ねた事がりました。

(当時は未だ認知とは言わなかった)

すると一人の可愛いおばあちゃんが小走りに駆け寄って「母ちゃん」と私の手をとって

おっぱい、おっぱいと胸を触る、びっくりする私に職員さんがあなたをお母さんと思ってる

から、服の上で良いから胸を触らせてあげてくれないかと・・・・・・

覚悟を決めて良いよ、さあおっぱいたくさん飲んでねというと胸に顔を埋めて

満足そうにしました。

やがて今度はこの服をしきりに引っ張ってよこせという。

自分がお気に入りの服、返してという。

一番好きな色だったと。

紫を基調にした黄色、ピンク、等いろんな色の編みこみセーター。

私も大枚をはたいて買ったセーターだったのです。。

アノネ、今汚れてるから綺麗に洗って持ってくるねというと素直に頷く。

暫らくするとまた脱いで自分によこせという。

あのおばあちゃん、今どうしているかしら。

今から15年も前のこと、当時93歳とか言ってたから、既に天国の人かも・・・・

今でも着られそうなセーターを眺めながらふと懐かしく思い出して

書いてみました。

paparinnの仕事仲間から林檎、柿をいただきました。

f0153475_15401574.jpg


そういえばこのおばあちゃんとの出会いも、こんな時期でした。
by mamarinn30 | 2008-12-11 15:44 | Comments(18)



外は雪、坂の上の我が家は僅か30mの坂を下りるために冬タイヤをつけなければ下り

られない。

今日は家でじっとしてるに限るなあ。

アレもしたい、これもしたい、しかしさむい。

そうだ、アレなら出来るぞ!

コタツで絵手紙を描くことに決定。

画材は、この間貰った果物。何時も私のお供の携帯電話。

昨日買った、夕飯用の赤貝、友達に貰った赤大根。

どのモデルさんもよろしくねと・・・・・・

f0153475_6264796.jpg


f0153475_627896.jpg


f0153475_6272284.jpg


うーん、描けた、描けた、これでよし。

さあ、今日は誰に出そうかなあ。
by mamarinn30 | 2008-12-08 06:31 | Comments(20)

昨日の天気予報が当たりました。

目覚めてびっくり、あたり一面うっすらと雪化粧です。

思わず、庭に出てパチリしてきました。

庭の木も南天も急な寒波に震えていました。

f0153475_7503866.jpg


f0153475_7505819.jpg


せっかく紅葉したどうだんつつじも寒そうです。

我が家は坂の上、大変です。スノータイヤに変えなくっちゃね。

私も熊さんたち冬眠動物と一緒に冬眠したいなあ。

オーサムコサム、北風小僧のカンタロウ、もう少し出番遅らせてくれたら

よかったのに・・・・・・ね。
by mamarinn30 | 2008-12-06 08:04 | Comments(8)

先日黒ピーマンを絵手紙でブログに載せました。

黒といっても茄子紺の濃い色でした。

f0153475_14382765.jpg


輪切りにすると緑と紫のグラデーションの綺麗なこと。

f0153475_1439324.jpg


本当に食べたくてではなく絵手紙の画材になれば位の気持ちで・・・・・

画材の役目が終わると、好奇心の塊で食べたくなるのが普通と。

さてさてどうして食べようかと迷った挙句、他の鮮やかな黄色、赤の

パプリカと一緒に温野菜でヘルシーに・・・・・

すると何と何と熱を加えてゆくごとに綺麗なグリーーーンに変身するではありませんか。

f0153475_1440459.jpg


奥様は魔女じゃないけれど、たった一つ違うのは見た目に騙されたということでした。

そして味は根っからの緑ピーマンの苦さはなく、パプリカ同様甘かったですよ。

赤、きいろ、緑のまるで信号の色を見ているようでした。(美味しかったですよ)

f0153475_14403419.jpg


黒ピーマンもしかして熱を通せば緑にと思ってました。以前紫のブロッコリーが

ゆでると鮮やかな緑に変ーー身したことがあったので。

ただただ珍しかっただけかーーーー

まあ話の種にはなったでしょうか。
by mamarinn30 | 2008-12-03 14:43 | Comments(16)

ご無沙汰しました

明日は多分無罪放免されそうです。

paparinnの小さな事務所の決算でした。

1年に一回私の大仕事です。

メガネ、メガネとまずはメガネ探しから

f0153475_1702454.jpg


帳簿の整理、試算表の作成、みな私の肩にかかってきます。

この不景気、何とか切り抜けられそうです。

近隣の寺の紅葉が綺麗と聞いても、決算が気がかりでで掛けられないし・・・・・

絵手紙もなかなかその気になれなくて。

でも、今日下手がいいをまた載せます。

今回は画材にも苦労しました。

JAで見つけた薄緑と黒ピーマン、新品種ってしてあったけど、味は?

f0153475_16564814.jpg


黄色のパプリカはさしずめ子供が幼いころの黄レンジャーかしら

f0153475_1745476.jpg


庭の落葉を掃いてたら、もみじさん、紅葉できて良いなとやつでの呟きが聞こえたような

f0153475_16593254.jpg


小さな虫を見つけて動かないでといっても・・・・・

f0153475_1715138.jpg


このところのぐずつき天気、はれたらチョコッと郊外へ・・・・なんてね。
by mamarinn30 | 2008-12-01 19:10 | Comments(22)

気ままに、気ままに。