焼けないパン

昨日パンを焼きました。

何時ものピッピッピピの合図にホームベーカリーを開けると底には無残な

パンの姿が・・・・・

半分くらいに膨らんで粉吹き状態なのだ

何時もと同じことをしてるのになぜ?

再び挑戦。またもや結果は同じ・・・・・

慌てて説明書を取り出して読むと、な、な、何としたことか。

パンの材料を入れる箱に羽がセットしてありますかとある。

そんなこといちいちしなくてもあるのが当たり前と思ってるmamarinnです。

見れば羽は何処へやら探せど探せどありません。

もしやと思い冷凍のパンを出してみるとしっかりパンの底に埋まるようにして

治まってるでは有りませんか

冷凍を溶かしきって羽を取り出しました。

元通りに羽をセットして焼けばなんの事はない、何時もどおりのふっくらパンが焼けるでは

ありませんか、うーーーんもーーーうと。

でもよかったこのまま3回目を焼かなくて・・・・・

時々点検をしないと駄目なことが解り一安心でした。

余りに恥ずかしくばかげてるので今日は写真なしです。

あ~~~~あの出来事でした。
by mamarinn30 | 2009-09-24 15:12 | Comments(13)

庭の木の実

焼け付くような夏もなく残暑も数えるほどしかなく秋がやってこようとしています。

今日のお空は真っ青こんな空です

f0153475_9213660.jpg


今日から巷は5連休、じいじとばあばは家でのんびり・・・・

さっき庭めぐりをしていて実のなってる木をパチリしてきました。

どれもこれもこれから色づく木ばかりでした。

先ず千両、

f0153475_9163366.jpg


少し色づいた南天

f0153475_9171597.jpg


まだまだ青い南天

f0153475_91755100.jpg


万両もまだまだこれから

f0153475_9185667.jpg


柿のみは色づいたのから鳥がつついて

f0153475_920522.jpg


最後にクロガネ持ち

f0153475_9204569.jpg


おまけに庭のお花を最初はインパチエンス。

f0153475_9222442.jpg


千日紅

f0153475_923241.jpg


秋の花水引草

f0153475_924922.jpg


松葉牡丹

f0153475_9244040.jpg


鶏頭

f0153475_9253895.jpg


紫式部のみ何回挑戦してもピンボケ諦めました。
by mamarinn30 | 2009-09-19 09:30 | Comments(14)

paparinnが久し振りに日本海へ魚釣りに出かけました。

いつもの口癖大漁だぞ待ってろよといい残してニコニコして出かけました。

風もなく海も穏やかな様子、私もわくわくしてきます。

包丁砥いで置こうかな?

昼も過ぎ、夕方になっても連絡ありません。

アーーー駄目だったかなとおもいつつ夕飯の用意をしてるところへpaparinnからの電話です。

お~~~いつれたぞ・・・大漁、大漁だといいます。

はやる心で待ってると、な・な・なんと見てください

ギョ!ギョ!ギョ!~~~~~~~~。

f0153475_1085845.jpg


f0153475_1093665.jpg


早速ご近所へ、妹のところへ宅急便。お友だちへとおすそ分けしました。

後は調理をして冷凍庫へ・・・・・・

いえ・いえその前に刺身にしていっぱいとpaparinnはご機嫌です。

今夜(16日)は鯵、ばとう、鯛のお刺身でmamarinnの出番です。

カワハギはなべ用、フライ用に・・・・・・

f0153475_10112329.jpg


さわらは塩焼き、はまちは味噌漬け・・・・・しあわせだなあ。

鯛はこぶ締め、塩焼き用、煮付けよう、そうだ鯛めしも・・・当分魚は買わなくていいわ

f0153475_1012098.jpg


f0153475_1012369.jpg


f0153475_1013580.jpg


今回の釣果は鯛52匹、鯵大が2匹、カワハギ22匹、はまち1匹、さわら1匹、

ばとう1匹、金目鯛2匹と大漁でした。

お魚屋さんが出来るねと笑いが止まらないpaparinnとmamarinnでした。

今ならどなたが御出でになっても鯛でおもてなしできますよ。フフフ・・笑いが止まんないですよ。
by mamarinn30 | 2009-09-16 09:58 | Comments(11)

あまーい香り

今年もマンゴーが奄美の彼から届きました。

f0153475_2182488.jpg


宅急便のお兄さんが良い匂いですねと届けてくれました。

それほど甘い香りがしていたのです。

f0153475_219531.jpg


完熟で早く食べてと訴えてましたが今日は甥っ子が手術をしたので鳥取まで

お見舞いに行って帰ったばかりでした。

お腹は一杯、明日の朝いただこうねと一晩冷蔵庫でやすませることにしました。

マンゴーだって長旅で疲れてると気遣って・・・・・

f0153475_219336.jpg


明日の朝が楽しみです。

明日はパン食でも、御飯でもよし、食後のデザートがお楽しみです。

奄美の彼に感謝しながらおやすみなさ~~~~い

皆様のところへもこのあまーーい香りが届きますように。

朝が来ました、マンゴー食べかけておっととと写真を・・・・・・

寝ぼけ眼でパチリ、ますます甘い香りが強いで~~~す。

f0153475_6384289.jpg

by mamarinn30 | 2009-09-10 21:12 | Comments(17)

久し振りの絵手紙

ここ数日ばたばたしてたので今日は家でおとなしくいい婆ちゃんをしました

天気は良いし、布団を干して取り込むまでの時間を思い出したように

絵手紙の時間に、

何時から書いてないかしら・・・・・半年ぐらい前かなあ

下手がいい、下手でいいに更に拍車がかかって。

頂き物の葡萄にメロン

f0153475_13293332.jpg


秋の味覚サツマイモとオクラノ中をじっくり見ると

f0153475_132948100.jpg


梨を今年もいただいて、paparinnが釣ってきた鯛(見えないか?とにかく魚です)

f0153475_13301739.jpg

by mamarinn30 | 2009-09-06 13:50 | Comments(18)

幻のさぬきうどん

marriさんの店の夏祭りが終わった後本物の讃岐うどんを食べるために高速道千円の

恩恵を受けながらpaparinnと丸亀目指して瀬戸大橋をわたっていました。

波一つない真っ青な瀬戸内海、大小の島々を眺めながら祭りの余韻も手伝ってmamarinnは

饒舌になっていました。

ところがだんだん丸亀が近づくにつれmamarinnは静かに口数も減ってきました。

paparinnの出すスピードに体がついていかず車酔いをしたみたいです。

頭痛にむかむか、宿に着き部屋に案内されるやいなや、もう駄目ごめんねとダウンしてしまいました。

楽しみの温泉はpaparinn一人で行ってきて、そして食事もお願い一人でと・・・・・

夕食の讃岐うどんを眺めながら、もしよければ後でたべたいというと、宿の好意で

じゃあ、冷蔵庫に入れていきますので食べられるようになったらどうぞとやさしことば。

f0153475_9163570.jpg


部屋の隅に転んでいて何時蒲団へはいったかもわからず目が覚めれば外は白々夜明け前。

見ればきのみ着のまま     あ~~~~、夕べ温泉も夕食もぱすだったのかーーーーーーと。

温泉は未だ入れるチャンスはあるけどうどんがーーーー。

paparinnが展望台の朝風呂へ行くというのでついていくことにしました。

ところが朝6時から9時までは混浴時間、paparinnがこんなに早くから入るのは私達年より位だよと

いう。

こんなに早くから入るいないと思うけど、見てきてやるよと。

おーーーい、誰もいないぞ、来て良いぞーーーーと呼びます。

一応用意してある湯浴みを来て7階の展望風呂へちゃぽ~~~~~ん。

良い湯だなはははーーーんと思った貸切風呂は束の間でした。

我々と同じことを考えるカップルがいて入ってきたのでした。

さすが女性は湯浴みを着ていましたが男性は生まれたままの姿、おふろに浸っていると

目線の高さは??????

男性は慌ててタオルで隠しましたが・・・・・

あってもおかしくない状況にmamarinnパニクッテしまって、体を洗うことも忘れほうほうのていで

あがってしまいました。

用意された朝食もそこそこにチエックアウトして、日本で最初に歌舞伎が上演された

金丸座へ行くこともなく、金毘羅さんへお参りすることもなく、帰りの瀬戸大橋をわたっていました。

(美味しいうどん屋さん宿で聞いたけど、時間が早くて未だやってなかったのよ)

念願だった讃岐うどんは次回にお預け、最後の休憩パーキングで何処にでもあるうどんを

食べたのにはお笑いでした。

大丈夫だよ、また連れて行ってやるよというpaparinnの言葉になみだ目で頷きながら

ハプニングつきのミニミニの旅は終わりました、ふーーーーー。

年は重ねていてもまだまだ純情なmamarinnでした。
by mamarinn30 | 2009-09-05 09:23 | Comments(10)

今年も笑ってきました

お久し振りです、皆様のところ失礼しています。ごめんなさい。

marriさんの店の夏祭りピュアフレンズの案内チケットが届きました。

f0153475_143704.jpg


何時までもしゃんとしない体に元気をいただこうとpaparinnが連れて行ってくれました。

朝ゆっくり出発したのでついたのはお昼前でした。何時もどおりのたのしいお祭りの

真っ最中でした。

f0153475_14383076.jpg


marriママのユーモアたっぷりの司会に場内爆笑の渦でした。

mariさんの希望で写真は限定時間を過ぎて削除しました。

俄デユエットの二人にはもう少し、もうすこし二人の気持ちをあわせてそして歌もね・・・なーーーんて。

f0153475_14405782.jpg


f0153475_14412273.jpg


直立不動で熱唱する人、感情いっぱい熱唱する人お腹の底から笑いました。

f0153475_14422193.jpg


f0153475_1443757.jpg


わたし達の故郷、安来節の踊りは女性であることを忘れての熱演拍手喝さいでしたよ。

f0153475_14435125.jpg


芸達者な皆さんの股旅姿、ドレス姿の熱唱、この日のために懸命に練習をなさったことでしょうね。

f0153475_14471856.jpg


f0153475_14455257.jpg


楽しく過した時間は予定を少し過ぎ、最後の歌、参加者皆が輪になって今日の日をありがとう

また会う日までと明るく大きく響く大合唱となりました。

mariママのステキな笑顔とステキな声に見送られて14周年は幕を閉じました。

皆さんとスタッフの気持ちは既に来年の15周年へと向かっているようでした。

写真ミスってしまったようです。ごめんなさい。

お詫びにこのしゃしんでも・・・・(ミスった張本人です)

↑の写真は時間限定です。何時しかきえます・・・・・きえましたよ。

(写真はpaparinn、mamarinn混合ですよ。)


その後私とpaparinnは高速道千円の恩恵に肖って香川丸亀のうどんをたべに・・・・

そこで待ってたハプニングは日を改めまして・・・・・・
by mamarinn30 | 2009-09-02 14:56 | Comments(14)

気ままに、気ままに。