楽しかった旅も終わって現実に戻りました。

3日間の好天に植木はぐったり慌てて水遣りです。

我家に咲いてる花をチョコッと見てみて。

クリスマスローズが最後の力を振り絞って。

f0153475_1717949.jpg


真っ白なカラーが私ここよと微笑んで。

f0153475_17173966.jpg


金盞花も(私もはなもぼけました

f0153475_17181261.jpg


f0153475_17191825.jpg


トリトニア

f0153475_17522484.jpg


マンテマ

f0153475_1753912.jpg


赤じゃないけど紫のスイトピー(5本植えてこれだけが残りました

f0153475_17541671.jpg


帝王貝細工

f0153475_1720858.jpg


f0153475_17202894.jpg


薔薇(庭がひときわ華やかです

f0153475_172171.jpg


かきつばた(実家からもって来ました

f0153475_17215147.jpg


ムラサキツユクサ(紫が綺麗

f0153475_17222043.jpg


今年はみかんの花が一杯、実りが楽しみ

f0153475_17232581.jpg


芽吹いた花の芽

f0153475_17552089.jpg


グラジオラスの芽と匂い菖蒲(一ヶ月遅れの六月五日に菖蒲湯にします。

f0153475_1756312.jpg


この菖蒲は来月はじめに開花予定です

f0153475_17572833.jpg


Moreつまみに最高
by mamarinn30 | 2010-05-25 18:05 | Comments(9)

行ってきました、立山へ

paparinnの同窓会がどうしたことかここ2~3年前から奥様同伴となりました。

関西、東海、山陰、富山と持ち回りです。

何時も体調悪く出席率は0でした。

今回はDrにそのことも話し漸く間に合いました。 

退院の日にDrに 念を押しました行ってもいいですねと・・・・

Drは何で行くの?私paparinn運転の車でと答えました。

ゆっくりゆっくり休憩しながらねとDr、

出発前日、はやめの夕食、お風呂を済ませるとpaparinnオーーイ、もうねるぞという。

時計は午後8時前、いまからーーーーというと明日は早出、お前のために何回休憩するかわか

ランからな・・・・・。

カーナビをセット、枕に毛布、ビニール袋、薬と準備万端、夜明け前にイザーーー出発進行。

これから先9時間の旅、気の遠くなりそうな・・・・・・・・・・

車は調子よく高速をビュンビュン飛ばします。メーターははるかに120キロを越えています。

paparinnはSAのたびに止まるか?とまるか?優しく聞いてくれる。

こんなに快適なドライブがと思いつつ走ってたら急に大渋滞で車は止まったまま動かない。

このときいつかmarriさんのブログで見たトイレは行きたい時でなく、行けるときにということばが

頭をよぎりました。

京都手前から京都を抜けるまで二時間、工事でした。

その後はスイスイ2府8県を通過して目的地富山へ到着しました。富山在住の友人とは

一気に出雲弁が飛び交い郷土料理やさんでの同窓会総勢28名はこの上なく盛り上がりました。

富山の海の幸、ともあれ写真で披露・・・・・

f0153475_12413148.jpg


f0153475_12415420.jpg


f0153475_12421015.jpg


二次会へは二人とも疲れでダウン、ベッドに入り込んでグーグーと白河夜船でした。

翌日はいよいよ立山へ雪の大谷の通り抜けです。

美女平から桂台、さんさんと照りつける太陽に反射する雪の白さがまぶしくて

f0153475_1847302.jpg


滝見台では称名滝の雄大さに歓声を上げまるで子どもの遠足、

f0153475_1628591.jpg


雪の大谷では高さ14メートルの壁の中を通り抜けました。

f0153475_15483684.jpg


今回は標高2450mの室堂までです。

外へ出ると膝まである雪の中へゴローーーンと寝て真っ青な空を見上げた感激、

写真はお見せできません・・・・・ふふふ

滅多に見ることの出来ない彩雲を見たドキドキ感。

f0153475_1547471.jpg


心配した体調もいまのところOK、

こうした楽しい2日間の時間をすごし、次回の再会を約束してお開きーーー

みんなそれぞれに、別れを告げて、私とpaparinnは今夜の宿、山中温泉へと車を走らせました。

f0153475_1614469.jpg


お宿の夕食だけちらっとお見せしますね。

続く・・・・・・・・・

More立て型信号
by mamarinn30 | 2010-05-23 18:57 | Comments(12)

春の贈り物・・・・筍

毎年この時期になるとpaparinnの知人から筍掘りに誘われます。

先ずはお話より収穫から

f0153475_14404986.jpg


mamarinnの入院を内緒にいしていたpaparinnは断るつもりだったそうです。

ところが筍も気を使った?のか今年はなかなか顔を出さなかったそうです。

私達が山へ登ったとたん、土の中からここ掘れ・・・ここ掘れ・・・・・と

そっと土を持ち上げて存在を教えてくれたのでした。

f0153475_14383370.jpg


もちろん、今年はmamarinnは見物、掘ったのはpaparinnでした。

f0153475_1439011.jpg


やわらかくて色白の筍が次から次へと掘れました。

f0153475_14393633.jpg


筍は新鮮が命とばかり、お礼もそこそこに、帰宅をして家中の大きい鍋という鍋を

引っ張り出して湯がき先ずはお刺身で・・・・これは掘りたてを食べられる人の特権ですね。

湯がいて山椒を入れて醤油煮、味噌煮、筑前煮、筍御飯、わかめとあまかわの酢の物、てんぷらと

フルコース。。

残りはご近所やお友だちへそれでも残ったのは冷蔵庫へ保存でした。

毎年声を掛けてくださるお友達へ感謝です。

一方では湯がいてもう調理するだけにして下さる人もいます。

この時期、筍だけは買わなくてもお腹一杯食べられます。

お二方から頂く春の贈り物筍のお話でした。
by mamarinn30 | 2010-05-10 16:02 | Comments(17)

皆様お元気ですか?

随分ご無沙汰しました、そしてご心配をおかけしました。

やっと昨日娑婆へ戻ってきました。

私、Drの2~3週間の様子見の言葉を信じて入院したらななな・・・なんと

約60日も閉じ込められました。(良くなってからは時々外泊貰いましたが)

退屈しのぎは毎朝paparinnが届けてくれる新聞と毎日ラジオを聴くことでした。

そのラジオで地元に唯一ある百貨店とその民放ラジオのコラボレーションで”母の日”

川柳(母に感謝する)を募集していました。

何気なく聞いていると当日が締め切りそれもラジオ局必着メールでも良いという。

何かないかなあと思いついて送りました。

数日後、私が留守の自宅にTELがあったそうです、事情を知らないpaparinnがチンプンカンプン

答えたそうです。

なんと特選10首の中にはいりラジオ放送されるとのことで聞きました。

そして百貨店に展示とも・・・・・・

拙い川柳お恥ずかしい限りでした。

その川柳はどんな気持ちの時に出来たのかも書くようになってました。

私の両親は農業で何時も土まみれで一生懸命働いていました。

その土だらけの母が年に数回変身するのです。

参観日の日だけパーマやさんで頭をきれいにして、よそいきの着物でそっときてくれたのでした。

普段との余りの違いさに嬉しさ、恥ずかしさが入り混じり早く参観終わらないかと思ったものでした。

真っ黒に日焼けした顔にはお化粧っけはまったくなく、手には洗っても洗っても取れなかったで

あろう土が爪に残ってたりして・・・・・・

(中略)

素直に有難うがいえなかったような当時、今ならいくらでも素直にいえるのにと。

今体調を崩しているmamarinn、元気になったら直ぐ会いに行くから待ってて欲しいと書きました。

母さんを誰かと思った参観日

そして数日後、Drから退院許可が出ました、

paparinnが迎えに来てくれて家に着いたと同時に、百貨店からステキな花篭が届きました。

ねえ======

これってサプライズと嬉しくて嬉しくて早速写真を撮りました。

早くこの写真を持って96歳の母を訪ねたい。そしてすこし耳が遠くなってる母に

大きな声でいいたい。・・・・おかあちゃんありがとうと・・・・・・・

f0153475_15534818.jpg


More行ってみてきました
by mamarinn30 | 2010-05-08 16:20 | Comments(18)

気ままに、気ままに。