足摺岬パート2

夕べ見損なった夕日に変わり今朝は水平線に上る朝日を見るためミサキの突端へ、ところが意地悪天気の神様は厚い雲で覆い隠してまったくみることできず。とりあえず写真はとったけど・・・・・・・・・・
ハイビスカスが地植えだったのもびっくり、大木に真っ赤な花が咲いていました

f0153475_9274666.jpg



f0153475_1037551.jpg


派手な見送りを受け宿を出発、可愛いぞうりともお別れね。(ピンボケでごめんなさい)

f0153475_9285725.jpg


f0153475_929103.jpg


あいにくの雨の中の観光となり、漁に出て遭難その後助かりアメリカで13年暮らし日本に帰り貢献したジョン万次郎の銅像をうつす。
足摺灯台まで歩く歩く(往復25分)、立派な日の御崎灯台を知るわたし達には物足りない。ただそこで見る太平洋は雄大だった。

f0153475_9345566.jpg


f0153475_9354247.jpg


f0153475_936379.jpg


f0153475_1072751.jpg


四国といえばお遍路さん、38番札所の金剛福寺へお参り、境内をパチパチ、お遍路さんもパチリ。

f0153475_9402487.jpg


f0153475_9403967.jpg


f0153475_941256.jpg


f0153475_9411989.jpg


続き景勝地竜串海岸へ、奇岩がいっぱい、雨のため足早に退散。

f0153475_9432812.jpg

雨の中ハマユウがひっそり咲いていた。

f0153475_9441294.jpg


皆、トイレ休憩の場所でお土産の量が膨らんでいく。
買わなきゃ損みたいにして、(これは我が家の一部)
もう一つわたしの誕生石珊瑚の指輪をpaparinnからプレゼントしてもらいました。

f0153475_11103775.jpg


f0153475_11165784.jpg


最後に内子の古い町並みを散策、働き者だったであろう、婆ちゃんが軒先にみかんを売っていました、15個百円、なんだか申し訳ない気持ちでした。
顔と手の皺が一生懸命働いたよといってるようでした。
婆ちゃんバスの中でいただいたみかん甘くておいしかったよ。有難う。


f0153475_1044333.jpg


f0153475_105229.jpg


駆け足では有ったけど無事四国(土佐)の旅を終え住み慣れた我が家に戻ったのは午後9時過ぎでした。ああーーーーー疲れた。
# by mamarinn30 | 2007-11-07 10:19 | Comments(10)

足摺岬

さあ、今日はバスで夫婦同伴旅行、行き先は太平洋岸の国、竜馬の故郷土佐へ。のんびりあなた任せの運転で、車内は早速宴会のまくあけでーーーーす。
ビールに焼酎、日本酒と?酒混合賑やかなこと。
とまるのはトイレ休憩のみ、一路土佐へ、土佐へと。
純真坊主がかんざしを買ったはりまや橋が目の前に、車内から名カメラマン?がパチリ。
瞬間のできごと、うまく撮れてて良かったわ

f0153475_1738104.jpg


乗ってるのが爺婆予備軍と来れば、トイレ休憩は普段より多く、次の目的地へ急げ、急げ。
高知城大手前通りの日曜市へ、わたしの目的は包丁三本、ピンからキリまでの中小出刃を9800円でゲット他の2本とあわせて19800円なり、さあここからが面白い、店のおじさんと値引き合戦、まずおまけで15000円じゃね、というわたしにおじさんそれはないぜよ、と18000円という。ここで手を打ってはいかん、17000円、もう一声と16000円でちょん誰も知ってる人がいない町、思い切り値切っちゃた。ごめんねおじさん、でもこれでも儲けはあるんじゃよ。それにしてもよくやったmamarinn

f0153475_17492182.jpg


f0153475_17482187.jpg


f0153475_17495989.jpg

さてお次は、日本最後の清流四万十川へ、うーーーん?これが
あの有名な四万十川か・・・・・・・・

f0153475_1929861.jpg


太平洋に沈む夕日を見んとバスは行けども行けどもつるべ落としの夕日に間に合わず
残念
f0153475_1931624.jpg

今夜の宿に到着、アルコールが回ってご機嫌のとき宿のお兄さんの指導でエンコー(河童踊り)が始まり、顔が見えないことを良い事に身振り手振りのハッスル踊り。抱腹絶倒の一時でした
f0153475_193645100.jpg


f0153475_1937921.jpg


名物のさわち料理も船盛り刺身も瞬く間にお腹の中に納まって。

f0153475_19401259.jpg


f0153475_19402853.jpg


f0153475_19405179.jpg


さあ後は温泉であったまっておやすみなさい。
次回は足摺岬を紹介しますね。
# by mamarinn30 | 2007-11-06 20:01 | Comments(8)

早朝散歩で近くの神社へ

徒歩15分で縁結びの神様、八重垣神社へ夫と行ってきました。
出雲地方では縁結びの神様として全国に名高いお社です

f0153475_14203086.jpg


f0153475_14203826.jpg


f0153475_1420453.jpg


f0153475_14205433.jpg


わたし達の前を若い女性二人が神妙な面もちでお祈りしてました(観光客
みたいでした)

f0153475_1421559.jpg


拝殿の左手から奥の方へ行くと、奥の院、鏡の池があります。
注:写真の右側に小さな社が有りますが、ちょっと気になる形の彫刻あり

f0153475_14211468.jpg


途中参道には、このような立派な物も奉ってありました、お参りすれば
子宝にご利益まちがいなしとか?

f0153475_1421251.jpg


f0153475_14213538.jpg


鬱蒼と茂る森の中に縁結びを占うという鏡の池があります
社務所で求めた占い用紙に10円か100円硬貨を乗せて浮かべるのです。
浮かべたところから早く沈むと良縁が近いと言われます。したがって何時までも沈まないと縁遠い(本当か?)とも言われています。
今日、ためしに乗せたら早々と沈んでしまいました。(笑顔)
僅か1分30秒ぐらいでしたよ。ウフフ,  やったー!!
でも待てよ、
何で今更、まさか再婚の兆し?(笑顔引きつっちゃいました)ムッ、ムッ、ムッ、ム

f0153475_14215682.jpg


f0153475_1422960.jpg


f0153475_14221611.jpg


f0153475_14222624.jpg


早朝の空気をいっぱい吸ったさわやかな朝の一時でした。

では四国旅行いってきまーーーーーーーす。
# by mamarinn30 | 2007-11-03 15:23 | Comments(4)

紅葉パート2

表正面から、穏やかに見える山(別名ほうき富士)もうらの鍵掛峠から見ればアラアラしく男性的なお山です。

f0153475_212776.jpg


f0153475_21145187.jpg


f0153475_2115586.jpg


ふもとへおりる途中大山砂防ダムがあり、珍しくシャッターチャンス、カシャカシャカシャ、
(砂防ダムは土石流防止の水無しダムです)
f0153475_2119269.jpg


f0153475_21194539.jpg


ふと顔を上げると目の前に日本海これまたシャッターチャンス、チャンス、チャンス

f0153475_212052.jpg


樹齢数百年の松の大木が横倒しに、台風にやられたのでしょうか、無残な姿

f0153475_2122616.jpg


穏やかなお顔のお地蔵様が立てられていました、分かれ地蔵というそうです。

f0153475_21232114.jpg


f0153475_21234144.jpg


約120キロの3時間のミニドライブの最後はコスモスが優しく揺れていました。

f0153475_21245227.jpg


おまけ(大文字草とエリカ)

f0153475_21252662.jpg


f0153475_21254246.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-01 21:33 | Comments(6)

気ままに、気ままに。