シジミ漁


復帰しましたのでよろしくお願いします。

今朝の宍道湖は霧に包まれていました。霧の摩周湖ならぬ霧の宍道湖そのものでした。

f0153475_15564796.jpg


今日のシジミ漁はだめだなあ思いつつと車を走らせました

漁船の溜まり場へ行ってみると静かな静かな光景、聴けば資源保護のために週に3回

休漁で今日はその日なのだそうです(水、土、日曜日)

f0153475_1602237.jpg


出漁の日は下の選別機で大、中、、小と選別して出荷するそうです。

f0153475_15595349.jpg


シジミ取に使うじょれんという大きな四角い金網も天日干し

f0153475_1621198.jpg


仕方ないから水の中のシジミを写しました。(殻が目だってますね)

f0153475_1632568.jpg


湖では鴨やカイツブリが優雅に泳いでいました。

f0153475_165394.jpg


帰るころには霧もすっかり晴れて真っ青な空、気持ちのいい一日でした。

f0153475_1672458.jpg


松江市のホームページより、シジミカキの様子です。

f0153475_16103316.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-28 19:03 | Comments(12)

シクラメンの香り

今朝はものすごい霧、後には良い天気になること間違いなし、シクラメン祭りへと

ドライブをしました。

途中、宍道湖は霧の中、まったく湖は見えない。

、みなさーーーーん、みてくださいね。

まずこれを

f0153475_1830731.jpg


f0153475_18303820.jpg


f0153475_18305223.jpg


以前はピンクと白くらいだったのが次々品種改良されて多種多様。

余り多くて、珍しいのを乗せますね。

f0153475_18311964.jpg


f0153475_18314733.jpg


真綿色したシクラメンは・・・・・・・・こんなのだったのかしら

f0153475_1832837.jpg


説明要らないですねまずは見てください

f0153475_18364912.jpg


f0153475_18371182.jpg


最後に我が家に仲間入りした花を紹介します。

f0153475_18382487.jpg


シクラメンの白、濃いピンク、ウインターコスモス、くらリンドウ(花はしろだそうです)

モミジバゼラニューム(赤い小さな花が咲きます)

値段はピンからキリまで、何処がどう違うのかは素人の私たちには

わかりませんでした。(700えん~4000えんくらい)

大勢の人と数多の花にまだ興奮冷めやらぬ状態です。
# by mamarinn30 | 2007-11-25 19:04 | Comments(18)

紙漉き体験

スダジイ見物の帰り、安部栄四郎記念館に寄ったら、館内写真撮影禁止で

がっかりしてると

f0153475_11365099.jpg


近くのイベント会場で”紙漉き実演やってます”どうぞといわれ初体験に

胸ワクワクで参加。

あの大きい桁を使ってと思いきや誰でも(子供)

出来るようにと葉書サイズのおままごと?もどきでした。


紙と紙の間に模様にしたい物を入れる、生の花や草は水を含んでいて良くない

ことがわかり途中で椿の花を抜く

f0153475_1138441.jpg



f0153475_11531380.jpg


それでも初体験、紙の厚さがが均等にならなくてやり直しを数回、紙漉きの奥深さを

体験するつもりがあっという間に終わりなんだか消化不良でした。

f0153475_1139117.jpg


乾燥するのに機械を使って20分、そして少し天日干し

(この椿の花びらが茶色に変色して汚くなったのでした)

それでは作品をどうぞ

f0153475_11392043.jpg


出来上がりは地味なものでしたがまずまずの出来でした。チャン、チャン。

(この模様には押し花を使いました)
# by mamarinn30 | 2007-11-24 13:10 | Comments(8)

小春日和の今日郊外の神社にある日本一の椎の木を見にいってきました

f0153475_1525380.jpg


鬱蒼と茂る森にでんと構えた大木は幹周り11.4m 高さ20m  

樹齢300年以上という立派なもので神秘的でした


f0153475_1563545.jpg


f0153475_155201.jpg


横からもう一枚

f0153475_158133.jpg


枝を四方に張った姿はさすが雄大、圧倒されました。

この後近くのイベント会場で人間国宝の安部栄四郎(故)の孫に

当たる方から習って手すき和紙の体験をしました。

そのお話は後日・・・・・・・
# by mamarinn30 | 2007-11-23 15:22 | Comments(10)

のっけから何こっれてなものお見せしてごめんなさい

f0153475_19503864.jpg


f0153475_19504646.jpg


これは息子が学生時代にしつこく来る勧誘に閉口して使っていたものを面白いからと

我が家の玄関の飾り格子に吊り下げているものです。

誰も本気にせずに堂々とセールスに来ては気の弱い私は、この間も新聞の

勧誘に負けて2ヶ月も契約したり、○○のボランテアにと募金をしたりと効果の程は

今一です。

それが昨日のことピンポーーーーンとなるので何時もするカメラチエックをしないで玄関

へ出てみるとそこには中年女性が・・・・・

用件を聞くとごめんなさいこれが最初に見えなかったものでとかの消え入りそうな声。

なおも話そうとする(宗教のことらしかったので)彼女にこれを指差すとすんなりと引っ込

んでしまいました。

この木札を吊るして5年余り、効果ありは彼女が初めてで最後になるんかなとふと思い

ました。

余りに素直に引き上げたげた彼女に私の方が拍子抜けの状態でした。

小雨混じりの寒さの中見送る背中が小さく見えました。

ごめんね、忙しかったのよ。
# by mamarinn30 | 2007-11-21 20:19 | Comments(10)

気ままに、気ままに。