バードカービング

先日本物のオシドリがお見せできなかったのでせめてバードカービングで

お楽しみくださいね。

バードカービングとは本物のそっくりに木彫りをすることです。

f0153475_17533152.jpg


オシドリの雄がとても綺麗なのは自分の存在を雌にアピールして選んでもらって子孫を

残すためだそうです。

世間ではオシドリは円満夫婦の代名詞みたいに言われていますが実際は毎年相手が

変わるそうです。

中にはよっぽど気が合うのか同じ相手を選ぶこともあるそうです。(ごくごくまれに)

その点白鳥は一生添い遂げるそうです。

この白鳥は4つのパーツが組み立てられて出来ているそうです。(両翼、頭、後羽)

f0153475_17541757.jpg


この巣は白鳥の本物の巣だそうです(卵は?)

f0153475_17583165.jpg



なんだか鳥の不思議を知ったような気持ちです。

最後に白鷺のりんとした姿を見てくださいね。(これは本物です)

f0153475_1755747.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-19 18:02 | Comments(15)

冬の使者

鳥取日野川にオシドリが来たと新聞に載った。去年も見に行ったので朝6時に家を出て

7時過ぎに目的地に着いた。

何時もは今日のように雲ってこの時間いっぱいいるはずのオシドリの姿は見えず、鴨と

か川鵜の姿があるのみ。ボランテアで世話をしている人も首を傾げるばかり。

しばらく待ったが、何の変化もなく行き先を米子の水鳥公園に変更。


f0153475_1665320.jpg


f0153475_15594070.jpg


ここには小白鳥が既に来ていた、遠いシベリアから長い旅をして・・・・・・・・

白鳥は生まれて2ヶ月で親と同じ機能を持っていて飛んできたという、いとおしいという

か逞しいというか。

なかに世界的にも珍しい黒ヘラサギが1羽いました。

f0153475_15293531.jpg


これが黒ヘラサギです。

f0153475_1546028.jpg


諦めて水鳥公園へ行く途中鬼伝説の伯耆街を通ると山のてっぺんに居座る鬼を見

つけました。


f0153475_15302314.jpg


公園の中は鴨が、白鳥が、川鵜が、泳いだり羽を乾かしたり、それぞれでした。

f0153475_15584632.jpg


f0153475_1629770.jpg


f0153475_15304647.jpg


f0153475_15294687.jpg


がっかりしないでというように紅葉が見送りをしてくれました。

f0153475_1684285.jpg


(おまけ)

安来駅前です(現在改装中)車中で瞬間とったものです。

f0153475_16103511.jpg


f0153475_16243342.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-18 16:36 | Comments(7)

雨の合間に

雨が続き写真を撮りに出られない。

そこで雨のやみ間の日差しの中で我が家の庭の実のなってる木を写してきました。

まっかに色づいた南天の実、今年はたわわに実ってます。

f0153475_12484957.jpg


万両の赤と白、二本とも元気に実をつけてくれました・

f0153475_1250995.jpg


f0153475_12503056.jpg


最後は金柑、お正月に間に合うかしら?普通スーパーに売ってあるサイズの2倍くらい

の大きさです。みかんと間違えそうです。

f0153475_12404881.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-17 12:54 | Comments(8)

花、花、花、

美保関灯台島根半島日本海側から眺めた紅葉

f0153475_1659354.jpg


季節外れのつつじ、満開の山茶花、菊の懸崖作り。

f0153475_1703387.jpg


f0153475_1704513.jpg


f0153475_1705645.jpg


お隣の庭から千両(赤、黄色)

f0153475_172955.jpg


f0153475_1722481.jpg


続いて野菊、椿、シュウメイ菊、ホトトギス


f0153475_1733779.jpg


f0153475_1735562.jpg


f0153475_17412100.jpg


f0153475_1742596.jpg


f0153475_1744380.jpg


ありきたりの花を並べてみました。
# by mamarinn30 | 2007-11-13 17:09 | Comments(9)

休日のドライブ


さあ、美保関までのドライブのお話の始まり、始まり。

夏の退院以来今日まで元気に過せたことへの感謝の参拝です


f0153475_1033795.jpg


神社までの道は青色畳通りと呼ばれ昔ながらの情緒いっぱい。

f0153475_10362087.jpg


数年前に灯台としての役目を終えた灯台は今でも観光客があり、

f0153475_104122100.jpg


名物の烏賊干しがあり、その脇では土壌掬いの人形が愛嬌を振りまいて

”あらエッサッササ”

f0153475_10433790.jpg


f0153475_10434727.jpg



雲間から差し込む光りが水面をキラキラ、そこへタンカーがこれもパチリ

f0153475_10464010.jpg


漁船は休漁、防波堤の釣り人を発見、狙いはチヌ、鱸、ひらめか?

f0153475_10561691.jpg


f0153475_1050464.jpg

帰り道、夫婦岩を見つけパチリ

f0153475_1113731.jpg


船止めの竹柱に鳥が羽を休めてのんびーーーり

f0153475_1052270.jpg


無人市にかたらの赤い実が、秋の深まりを感じつつ求めました
はしょってのご案内でした。

f0153475_114528.jpg

# by mamarinn30 | 2007-11-12 11:38 | Comments(8)